LPガス/電気 LP Gas & Electric

緊急時の対処法 Emergency

ガスの臭いがしたら

本来LPガスは無臭ですが、ガス漏れ時にすぐに気づくように臭いが付いています。
ガス臭いと感じたら、ガス漏れの可能性を疑いましょう。慌てずに以下のように対処してください。

ガスの臭いがしたら

ガス機器の使用を中止し、ガス栓やメーターガス栓を閉めてください。

ドアや窓を大きく開けて換気をしてください。

火気は絶対に使わず、換気扇・照明を含む電気のスイッチにも手を触れないようにしてください。

  • 室内の火は全部消してガス栓を閉めてください。
  • プロパンガスは空気より重いので、掃き出すように窓や戸を大きく開けてガスを外に出します。
  • コンセットやスイッチ類には絶対に触れないでください。
  • 火花で着火する恐れがありますので換気扇も使わないでください。
  • ガス保安は365日24時間対応しておりますので弊社までご連絡ください。

地震のときは

地震が発生したら、まず身の安全を守ることがなによりも大切。震度5以上の地震の場合、
マイコンメーターは自動的にガスを遮断します。落ち着いて以下の行動をするようにしましょう。

地震が発生したら

身の安全を確保し、すぐに火を消す

step1安全第一。まず、自分を守る

テーブルなどの下に身を伏せ、クッションや雑誌などで頭を保護しましょう。
  • テーブルなどの下に身を伏せ、クッションや雑誌などで頭を保護しましょう。

step2落ち着いて、すぐに火を消す

ただちにガスコンロなどの火を消し、ガス栓を閉めてください。使用していないガス栓も閉めましょう。
  • ただちにガスコンロなどの火を消し、ガス栓を閉めてください。
  • 使用していないガス栓も閉めましょう。
  • 大きな揺れの時は机などの下に身を伏せ、揺れがおさまってから消してください。

揺れがおさまったら

容器バルブ・メーターの元栓を閉める

step1注意して外に出る

容器バルブ・メーターの元栓を閉める
  • 余震やガラス等の散乱物に注意して外に出ましょう。

step2元栓を閉める

  • 火災による二次災害を防ぐために、外に出て容器のバルブやメーターの元栓を閉める必要があります。
  • 容器バルブは、時計回りに閉めます。
  • メーターの元栓は、下から上にレバーを引き上げて閉めます。
  • 容器の転倒などがないか、安全を確認してからバルブを閉めましょう。

再びLPガスを使う

マイコンメーターを復帰させる

LPガス容器が倒れていないか、確認してください。万一倒れている場合は、さわらずに必ずお近くの営業所へご連絡ください。また、ガス漏れがしていないか、ガスの臭いを確認してください。

step1すべての器具栓が閉まっているかを確認します

すべての器具栓が閉まっているかを確認します

step2容器バルブとマイコンメーターの元栓を開けます

容器バルブとマイコンメーターの元栓を開けます

step3復帰ボタンを奥までしっかり押して、
すぐに指を離します
(ボタンが元に戻り、再び赤ランプが点滅)

復帰ボタンを奥までしっかり押してすぐに指を離します。約1分待ち赤ランプの点滅が消えればガスが使えます

step4約1分待ち、赤ランプの点滅が消えればガスが使えます

  • 復帰ボタンを押した後、マイコンメーターが、1〜2分間ガス漏れしていないか安全確認します。
    異常がなければランプの点滅が消え、ガスが使えるようになります。

すぐに下記連絡先までご連絡ください

ガス部 : 戸田営業所

0120-87-1400

[受付時間] AM9:00〜PM5:00(土日祝休み)

ガス部 : 埼玉中央営業所

0120-18-8078

[受付時間] AM9:00〜PM5:00(土日祝休み)

ガス部 : 朝霞営業所

0120-78-4434

[受付時間] AM9:00〜PM5:00(土日祝休み)

ガス部 : 埼玉北営業所

0120-033-296

[受付時間] AM9:00〜PM5:00(土日祝休み)

夜間緊急のお問い合わせ

0120-94-0313

[受付時間]PM5:00〜AM9:00(無休)